君の忘れた傘とその残像


斉藤と望月の日々の残像 そして君の忘れた傘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約半分の奇跡と対比

004 _3_
こんばんわ


昨日と今日は自分が勤めている美容院の合宿でした


簡単に言うと今期もがんばるぞ見たいな感じです


仕事の話は三行までときめています


最近音楽っていうもの、ものじゃねーや

音楽っていう音楽

これも違う

つまり音楽について考えます。

音が苦

恩学

やるとか

やらないとか

じゃなくて

あるとか、ないとかそういう物ではない

でも目にも見えない

鳴っては消えてく

けど消えない

消せない

どうでもよくなるくらい

近くにいる

けど見えないんだよね

だからそんな神様みたいなものをさ

僕らやってるわけで

けど僕らは人間以下かもしれない

欠落した部分が共鳴しあって

なんとなくつじつまがあう

約半分の奇跡と対比

なんだよね多分

そんな音学を僕は存在していたい

DEATH



あと夏前くらいにミニアルバム出します

FINE APPLE RECORDS


という自分らのレーベルからです


このレーベル名は

言葉の響きとパイナップルが好きなので

DEATH

しーや







« 余韻と景色の方向性が開放されるのではなくそれは無|Top|日々の背中 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://talkingabouworlds.blog115.fc2.com/tb.php/2-0cb5fdcc

Top

HOME

望月勇太

Author:望月勇太
FC2ブログへようこそ!

未分類 (46)

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。