FC2ブログ

君の忘れた傘とその残像


斉藤と望月の日々の残像 そして君の忘れた傘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例えばそれは誰に対してのコントラストなんだ。


空は底のない落とし穴だってさ

今晩は望月勇太です

今日も歩いてきた

毎日すれ違うあの若い少年
もう中学生にそっくり

ぼくはもう23ですよ

23×120の嘘と罪を犯してきたな。

残りの人生×120の鳥籠が欲しいな。
今はね。


今週はレコーディングが事務所の都合により中止になりましたので聴く側に徹底しています。

PEOPLE IN THE BOXめっちゃいい。
今さらになってしった僕はまだまだニワカなんだなって思う。

こんないい音楽を知らずに死んでたと思うと背後の僕がまるで笑ってるかのように思える。

女優が舞台から消える場面に出くわせないかと思う。
完璧のない、

天井があざわらってるかのような空虚感。

机のほこりはまるで失ったみたいな喪失感。

台所の水滴は気配のない幸せを祝福している。

そんな素敵な夜だな今日は。

しーや

« 現実と理想|Top|街灯の光から僕の目に移る光線を無視しろと言われた。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://talkingabouworlds.blog115.fc2.com/tb.php/46-e7e0c05d

Top

HOME

望月勇太

Author:望月勇太
FC2ブログへようこそ!

未分類 (46)

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。