君の忘れた傘とその残像


斉藤と望月の日々の残像 そして君の忘れた傘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今まで失ったもの最初から全部無かった。そんな生態系人間だけ.

今まで失ったもの最初から全部無かった。そんな生態系人間だけ。


ガリレオガリレイの夏空が発売される。

この曲は三月くらいにすごい聴いてた。


好きだった歌が

響かなくなっても

僕のでいでもなく

誰のせいでもないんだろう

っていう刺すようなフレーズ。


誰のせいでもない。

誰のせいとか

僕のせいとか

君のせいとか

性とか

そんなもの追求したってぐるぐる巻きの糸くずしか残らない。

いったい誰が今夜踊らされるのか。



その時に聞いていた音楽を聞くと

その時の感情をはっきりと思い出す

別に逃げてたわけでも忘れようとしてたわけでもない

ただその回想がとても心地よい

そんだけ

ただ確かにそこには

そこにはあった

連なりあってる背中が

そこにはあった



愛とか恋とか

眼に見えたら


きっと君は生きてられない



脈が打てない





指先で天井を指す

それで精一杯なんだ




とにかく季節は変わりますよ。



君。










しーや

« PEOPLE IN THE BOX -alice-|Top|鍵盤の上を転がる。君は僕みたいだ。まるで、 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://talkingabouworlds.blog115.fc2.com/tb.php/50-62f01111

Top

HOME

望月勇太

Author:望月勇太
FC2ブログへようこそ!

未分類 (46)

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。