FC2ブログ

君の忘れた傘とその残像


斉藤と望月の日々の残像 そして君の忘れた傘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残響についての話。

残響は殆んどどんな場所でも生じている。

普段は全く意識しないが、

残響を限界まで小さくした無響室に入ると残響が全くないため大きな違和感を覚える。


もっとも

残響を意識しない能力は後天的に身につくものらしく、

新生児は直接音と反射音を区別できず、


世界を「残響のシャワー」のように知覚している可能性が実験によって指摘されている。

反響をこれと勘違いしている人も多い。

厳密に言うと原理的には残響も反響と同じであり、

反響が連続的、

また繰り返し生じた結果が残響である。

劇場や音楽ホールを設計する際には、

残響時間は大きな考慮点になる。

僕らの音楽もそうでありたい

しーや

« 心の中にあるもう1つの心。|Top|そんな所に心を置かない方がいいよ。こっちの方が揺れないよ。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://talkingabouworlds.blog115.fc2.com/tb.php/53-f509e45e

Top

HOME

望月勇太

Author:望月勇太
FC2ブログへようこそ!

未分類 (46)

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。