君の忘れた傘とその残像


斉藤と望月の日々の残像 そして君の忘れた傘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しかもってない。

女性は常に誰かの物でありたいのだろうか。

常に寄り添う誰かを探して心をこじつける。

雰囲気に憧れてふたをあけたら何も無いなんてよくある話。


性的な恋愛を正当化するとしたら君は何色なんだい背景。

« ちょっと思い出した|Top|新人歓迎会。先人大停滞。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://talkingabouworlds.blog115.fc2.com/tb.php/60-cb8c169c

Top

HOME

望月勇太

Author:望月勇太
FC2ブログへようこそ!

未分類 (46)

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。